NVA卒業生アーティスト「藤原更」さん講演会




久しぶりの更新になります。
遅くなりましたが先月開催したgallery0369EURASIA20004冬写真展に足を運んでいただいた方々、ありがとうございました。第1回目の開催無事終えることができました。遠方は東京や大阪から、また近隣の方にも足を運んでいただきました。ありがとうございました。次回のgallery0369春の開催は4月14日~16日、21日~23日、28日~30日の9日間になります。名古屋在住時の数十年前に出かけた東北青森。夏、冬と撮影した写真を展示する予定です。DMなど制作しますので何処かで見ていただければと思います。HPも3月初旬頃には更新予定です。gallery0369
三重美里の劇場theatre-de-bellevilleにて大岡英介さんと写真映像のコラボレーションで第3回目を迎える幻灯会は4月15日開催です。こちらも詳細近日中にupします。春の美里に是非お越しください!過去情報ですが前回2016年秋幻灯会

さて、昨日は名古屋ビジュアルアーツで卒業生であり現代美術家、アーティストである藤原更さんをお迎えした講演会でした。私は教え子でもあるので司会役を担当させていただきました。現役学生と体験入学生に向けた講演会。藤原さんの現在の作品とその制作プロセスなどを先ず紹介してもらったのちに学生時代の作品などを特別にプロジェクター上映してもらいました。もともと学生時代はプライベートな空間に立ち入りながらストレートな写真を撮影していた藤原さん。現在の制作している抽象的なイメージの作品との印象の違いに私も含め参加者のみなさんがかなり驚いていました。作品の変化するプロセスの話を作家から直接話してもらえたことは聞いていた人にとってとても刺激的だったと思います。作品紹介後在校生の数人が写真を見ていただく合評会。初めての人に写真を見てもらう機会、緊張している感じでしたがそれぞれ参加者が作業説明をしたのち藤原さんが丁寧に写真を見ながら学生を交えて写真を見てくれました。並べられた写真をしばらく見つめて時間をかけて言葉を紡いで行く姿が印象的でした。

「社会にでたら写真を見てもらって言葉を交わす機会(写真を見て、見えてくることの印象について言葉を繋いで行くこと)はそんなにないよね」と講演会はじまる前の打ち合わせでお互いに話していたことを思いだしました。それでも写真を撮って見せて、見せて、見せて…その行為の繰り返しの中でしか見つけられない、届くことのできないところがあるのだ、と藤原さんのお話を伺いながら自分なりに振り返ってみました。学校という学び舎の中で自分の写真を見せて行く場所を造る、徹底的に活用する、そんなことを実践していってもらいたいし、そのことを今後も微力ながら伝えて行きたいと思います。

写真は藤原更さん、そして更さんのご主人とNVAの2年生を交えての記念写真。


藤原さんお忙しい中様々なお話しをしていただきありがとうございました。
また母校の名古屋ビジュアルアーツにお立ち寄りくださいね。

NVA2年学生の卒業制作展が明日から開催@愛知芸術文化センター12階 アートスペースG・H

現在名古屋キャノンギャラリーでも開催しています。

是非足をお運びください。

今日も良き一日でありますように。

冬の蓼科にて。

古民家の窓から@三重美里

  • Day:2017.01.16 06:43
  • Cat:季節

寒!!16日月曜日三重美里の朝7時前の写真、です。昨日降った雪が残って凍っていて、走る車はバリバリと音を立ててます。休み明け月曜日、運転気をつけてください。
昨日は津あけぼの座四天王寺スクエアにA劇シリーズVol30 iaku 「車窓から世界の」を観劇に。上演時間90分はあっという間に経過、答えの出ない「いのち」という存在についての議論。知人を亡くした個人の経験とも重なりながら劇中にのめり込んでいってしまいました。東京公演を私の知人の映画カメラマンさんが見に行かれたようで、その劇評に惹きつけられたのでふらりと足を運んだのでした。都市部でもないのに演劇にふらりと出会えにいけることは「ええまち」であり、ありがたいのであります。
さて今日は移動を控えて近所の撮影&事務所仕事をすることにします。

今朝の近所風景。

正月三が日が過ぎました!今年は元旦から動きましたよ!

D8M_2287-170101-web-fin.jpg
2017年初ブログ。明けましておめでとうございます。昨年共々本年も宜しくお願い致します。
(2017ブログ最初の写真は正月元旦地元の氏神様参拝の時に撮影)
正月三が日も過ぎもう4日です。今日からお仕事開始!という方も多いと思います。仕事も慣らし運転しながらがんばりましょう。
2017年の幕開けは正月元旦からお仕事でした。小中一貫校になるため学校の建物は残るのですが、名称が今年3月で消えてしまうため閉校する三重県津市立美里中学校での閉校式典時に上映映像の為の写真撮影をしていました。美里の劇場 Théâtre de Bellevilleに設置したスタジオセットで正月の3日間卒業生や在校生の方にお越しいただいてポートレイト撮影行うというもの。元旦初日からいろいろな年代の方に足を運んでもらいました。撮影2日目の3日には第1期卒業生の方々にも足を運んでいただいて久しぶりに集まる同窓会のような雰囲気でした。着物姿で来ていただいて「これから同窓会なんですよ!」という方も、正月らしい1コマでした。撮影と同時に劇場やgalleryのことも地元の方に広報できたことも嬉しい点でした。

また昨日3日には毎日新聞さんに取材に来ていただきました。取材していただいた記事は本日4日の新聞記事になるそうです。(井口記者取材ありがとうございました!)

私の息子も地元中学出身ですので皆さんと同じように嫁さんと一緒に撮影。
D8M_2390-170101-web-fin.jpg
また近所在住の谷口さん、稲垣さんにはいろいろ助けていただきました。また差し入れなどいろいろいただきました。ありがとうございました。
今日はスタジオ撮影最終日。美里の皆さん10時~16時、美中出身の方々是非お越しくださいね!お待ちしております。
詳細内容はこちら昨年の私のブログ記事リンク先からご確認ください。
3が日、その他のことを駆け足で。
2日には5年ぶり中学校の同窓会。(3日の撮影があったので2次会までで失礼しました、一中の皆さん5年後にまた会いましょう)
D3B_7112-170102-web-fin.jpg
3日の美里劇場での撮影の後に2017年最初のひとっ風呂。場所は三重県津市白塚町にあるさくら湯、関東からの銭湯好き友人と偶然遭遇。風呂屋の番台のお母さんと一緒に撮影。(何故か手を繋いでもらった、笑)

そのあと2日の同窓会で会った同級生のよっちゃん家に行きました。年賀状など持参してお父さんにご挨拶。(この家で私は小学校の頃写真&暗室というものに出会わせてもらったのです。つまりよっちゃん父は師匠になる訳です)

耳が少し遠くなっているとのことでしたが元気そうで何よりでした。
昨年12月、美里にオープンした写真専門gallery0369は1月6日から9日迄オープンします。里山のgalleryに足を運んで見て下さいね。(初年度は年4回のペースで写真展開催予定です。1月winter、の次は4月spring、7月summer、10月autumnの開催予定)gallery0369の開催予定はホームページ、このブログ、またはメールマガジン「針穴通信」(不定期配信メルマガ針穴通信の申込みはこちらよりお願い致します)
また昨年末には三重出身の写真家中里さんが帰省の時に立ち寄ってくれました。中里さん、忙しい中ありがとうございました。

運営に関わっている大阪服部天神にあるgallery176の写真展開催情報はこちらより。
正月3が日の様子などお伝えしました。
2017年4日目、元気に行ってみましょう!!

今年もお世話になりました。


今年もあと1日、大晦日です。この時期朝の気温がキンと張り詰めた感じになるような気がします。
水たまりにも連日氷が薄く張っています。空気感もいつもと違うように感じています。2016年最後の朝。
12月23日にさまざまな方々の御協力のもと(特にMさん)オープンすることのできた三重県津市美里町の事務所倉庫を改造した写真専門ギャラリー「gallery0369」も年内の開催は12月26日に無事終えることができました。近郊の方々と共に大阪などからも足を運んでいただけました。(ご来場いただいた方々ありがとうございました!)じっくりと写真を見てもらう場所として定着してもらいたいし、写真という「枠」の存在を気にしながら写真の可能性を探るような場所になってもらえればと感じています。新年明けてからの開催は1月6日金曜日から1月9日月曜日になります。写真展は松原豊写真展「EURASIA2004winter」になります。また是非ご来場いただければと思います。
大陸横断鉄道042-160805bkfin-web
明日元旦からは地元三重県津市立美里中学校閉校式典上映用映像のための撮影を近所の劇場theatre-de-bellevilleで行います。開始が10時なので朝からは正月の風景映像も撮影を進める予定です。(起きれるのか?笑)山田洋次監督の映画「男はつらいよ」では正月の神での風景が良く出ていました。1シーン1シーンはっきりと記憶に残っています。少しでも記憶に残ってもらえるような仕事をにして行きたいと思います。(伊勢の夫婦岩で「男はつらいよ」の確か五月みどり主演のときは吉村英夫先生にお声かけいただいてエキストラさせていただきました。ほんとに小さく写っていた?かな。思い出しました。)
撮影日程は元旦、1月3日、4日、時間帯は10時~16時となっております。
詳細情報はこちらよりご確認下さい!
三重県津市立美里中学校出身の方々、在校生のみなさん、撮影会場でお待ちしております。

来年も正月から働きます!!
(theatre-de-bellevilleの鳴海さん正月から宜しくお願い致します。)
本年もたいへんお世話になりました。
良いお年をお迎え下さい。
感謝!

回覧板!三重県津市立美里中学校を卒業された方、在校生の方にご連絡!!

D8M_7565-160831web-fin.jpg

今朝から雪が降った三重美里。積もりはしませんが冷えてきてます。
冬本番、まもなく2016年も幕を下ろします。仕事納めに大掃除年賀状の準備など大忙しのことだと思います。

三重県津市立美里中学校を卒業された方と現在在校生の方々に、今年度で名称の消える「津市立美里中学校」美里中学校閉校イベントで使用する為の人物写真撮影の御協力依頼のお知らせです。(建物が消える訳ではありません、名称が変わります)

正月の1月1日、3日、4日と美里の劇場「Théâtre de Belleville(テアトル・ドゥ・ベルヴィル)」
で10時〜16時に撮影を行います。(1月2日はお休みです)

当日鳴海、松原で対応させていただきます。
飛び込み歓迎です。お越しください。
服装も普段の日常服で構いません。

三重県津市立美里中学卒業生、及び在校生の方々へよろしければ
是非シェアなど含めてさまざまな方にお知らせいただければと思います。

詳細内容については下記↓になりますのでご一読ください。

三重県津市立美里中学校の卒業生の皆様へ
              
三重県津市立美里中学校閉校記念事業実行委員会より
   
美里中学校閉校記念イベントで使用するスナップ写真の撮影協力のお願い


 日頃は、美里中学校の教育活動において、卒業生や地域の皆様の多大なご理解ご支援をいただき、誠にありがとうございます。
さて、校舎を増改築した美里中学校は、平成29年4月に、辰水・高宮・長野小学校の児童と共に学ぶ9年制の義務教育学校「みさとの丘学園」として生まれ変わります。
そのため、美里中学校は、校舎はそのまま残るものの、平成29年3月31日をもって閉校となります。そこで、美里中学校閉校記念事業実行委員会では、津市教育委員会主催の閉校式の後に行う閉校記念イベントについて準備を進めています。
つきましては、下記のとおり、イベントで使用するスナップ写真の撮影について、卒業生の皆様にご協力いただきますよう、宜しくお願いいたします。



1、撮影したい写真

美里中学校の第1回~第68回までの卒業生、及び、現在の美里中学校の1年生~3年生までの在校生のスナップ写真(スタジオでの撮影になります)

2、写真の活用方法 

3月25日(土)の午後に行われる閉校記念イベントの中で、スクリーンにスライド写真として映し出します。
※様々な年代の、できるだけ多くの方の写真を映し出すことで、イベントに参加された方全員が、美里中学校での生活を思い出し、懐かしんでいただけるようにしたいと考えています。

3、撮影日

美里から出られた方々も、お正月には美里に戻られるのではないかと考え、以下の3日間を設定しました。
平成29年 1月1日(日)、3日(火)、4日(水)10:00~16:00
以上の日及び時間帯のいつでも結構ですので、ご友人やご家族等もお誘い合わせの上、お越しください。

4、撮影場所 

劇場「Théâtre de Belleville(テアトル・ドゥ・ベルヴィル)」

514-2113
三重県津市美里町三郷2104 

電話 : 070-1613-7711(劇団事務所)

不明な点は↑に連絡いただければと思います。

メールでの問い合わせは
info〇matsubara-yutaka.com (メール送付時アドレスの〇を@に変えてください)
へお願い致します。

以下の連絡先はお正月休みに入っていますので繋がりません。
御了承ください。

(事務担当)
美里中学校閉校記念事業
実行委員会事務局
 〒514-2113 津市美里町三郷84 
美里中学校教頭 長井 
   電話:059-279-2017 
FAX:059-279-2093
   E-mail
279-2017@city.tsu.lg.jp
(lg=エルジー)

以上津市美里地区へのお知らせでした!

良い年末を迎えてくださいね!

さて仕事しましょ。